たかの日記

徒然なるままに日暮らす、たかの日記。現在、岡山県真庭市に住んでシェアハウス生活を実践中。ギークハウス真庭最高!!

松江と出雲を巡る旅 PART2 ~ブラジル人妻編~

時刻は午後21時。『若竹寿司』で食事した後、出雲市駅行きの電車に乗った。

 

到着時刻は22時24分。最終電車が22時33分。ギリギリセーフ。airbnbで予約した宿の最寄り駅は一畑電鉄大津町なので、一畑電鉄に乗り換え、2駅。

 

宿泊先の場所はグーグルマップで確認してすぐに分かった。

 

暗い夜道を歩いて約5分。アパートの前に着く。

 

インターフォンを鳴らすと、若い女性の声が。

 

ぼく:”I'm Takashi Akinari.”

 

女性:"O.K."

 

しばらくするとドアを開ける音が・・・。

 

ぼく:"Nice to meet you."

 

女性:"Nice to meet you too!"

 

女性:"Welcome!"

 

ハタチくらいだろうか?若いラテン系の女性。

 

聞くとブラジル出身だという。

 

思わず、"Can you speak Japanese?"

 

と聞いたけど、予想どおり答えは"No"

 

日本に来てから半年足らずで今、日本語学校に通っているという。

 

ぼく:"Your husband?"

 

女性:"Working"

 

"Oh..."なんて複雑。

 

こんなにセクシーなブラジル人妻(着ているのはTシャツ一枚だけ!)を置いて夜勤なんて。

 

寝室には二人の物語を綴る写真たちが・・・。

 

ブラジルの国旗と共に飾られていた。

 

f:id:akkie255:20171227182323j:plain

時刻は23時過ぎ。

 

今日は朝6時に起きて岡山県真庭市から島根県出雲市まで、移動続きだったのですこぶる眠い。

 

少しブラジル人妻とお話して寝る準備をすることに。

 

「これを使って」と電源タップを貸してくれたのでスマートフォンを充電。

 

歯磨きとトイレをすまして寝ることに。💤

 

ヘヤの中の温度は何度なんだろう?

 

ほとんど熱帯?と思うほどエアコンの設定温度は高い。

 

そういえばブラジルは今夏だっけ・・・?

 

着ていた服を脱ぎ、寝床へ。

 

ぼく:"I'm going to sleep,good night."

 

ブラジル人妻:"O.K.おやすみ"

 

すぐに電気が消えた。

 

だが、暑いのとブラジル人妻の寝返りの音で眠れない。

 

しかも、悩ましい寝息すら聞こえてくるではないか。

 

「こりゃ徹夜だな。」

 

今日は一日色んな事があったけど、一番はやはりブラジル人妻のことだろうか。

 

想像してみた。

 

ハズバンドは夜勤だって言ってたけど、もしかしたら旦那(もしくは彼氏)はブラジルにいて単身で日本に勉強(もしくは仕事)をしに来ているのかもしれない。

 

airbnbの写真は男のものだったけど、彼女が返信をしていたのだとしたら。

 

一つ屋根の下に男と二人きりで泊まる豪胆さには驚くけども、滞在費(家賃+光熱費)を浮かすためにairbnbでお小遣い稼ぎをやっているのだとしたら。

 

宿泊費は2000円と格安ながら、1カ月に50%の稼働率で約30000円。

 

まぁまぁの収入だ。

 

色んな事情がありそうなのだが、聞くには英語力が足りない。

 

帰ったら英語の勉強しなきゃな。。とぼんやり考えていたらいつの間にか眠りについていた。

 

 

朝。

 

朝日が窓から差し込んできて目が覚める。

 

何時ころに寝たんだろうか?かなり悶々としていたので3時か4時くらいか。

 

"Good Morning!"

 

昨晩はよく眠れた?と聞いてきたので「よく寝れた」と答えた。

 

「コーヒー飲む?」

 

「そうだなぁ」と曖昧に返事をすると、軽い朝食の準備をしてくれた。

 

カフェオレとビスケットとチーズ。

 

彼女はサツマイモをなぜか食べている。

 

「ちょっと固いのよね、これ。」と言いながらむしゃむしゃ。

 

ブラジルのサンバのことなど少し雑談をしていると、ブラジルの事が懐かしいのか遠い目をする彼女。

 

”Feburary”

 

サンバの時期は2月なのだという。日本とは全く季節が逆だ。

 

f:id:akkie255:20171227191814j:plain

 

少し見え辛いけど、左の窓にクリスマスツリー、右に”Happy New Yeah”と水性ペンで彼女は書いた。

 

そういえば今日は12月24日。クリスマスイブだ。

 

ハズバンドはいつごろ帰ってくるの?と聞くと9時くらいには帰ってくるはずだ、という。

 

時刻は9時過ぎ。

 

もう行かねば。

 

"I have to go."

 

彼女は少しホッとしたように見えたが、長居するのも失礼だし、出雲大社には是非行きたい。

 

ハズバンドに会いたかったなぁ、本当にいるのか確かめてみたかったなぁ、と少し残念だ。

 

でも、行かねばならない。

 

時間が無いのだ。

 

”Good bye, Nice to See you again”と英語でお別れの挨拶をすると、

 

「またね♪さよなら。」と微笑みながら彼女は日本語で答えた。