たかの日記

徒然なるままに日暮らす、たかの日記。現在、岡山県真庭市に住んでシェアハウス生活を実践中。ギークハウス真庭最高!!

人生で2度目の手術は痔の手術だった。

こんにちは。最近すっかり春らしくなって暖かくなるとともに、陽気を取り戻したタカです。

 

気付いたら一カ月もブログを放置していて、その間に色々あったんですが、ようやく筆、ならぬキーボードを取ります。

 

いきなりですが、ぼくは中々の痔持ちでして、初めて病院にかかったのは27のときでした。

その頃半導体関係の会社に勤めていたのですが、毎日残業残業で夜遅く、不摂生な日々を暮らしてました。

晩御飯はコンビニ弁当で済ますことが多かったですし、アルコール類やタバコなど痔に良くないものを思い切りやっていたと思います。  

 

異変が起こったのは突然でした。

 

なんだかお尻に違和感を感じ少し痛いな、と思ったら、なにやらイボ痔らしいものがにょきっと肛門の外側に突き出ているではないですか。

 

なにぶん長時間座ったままの仕事だったので痛みがひどくすぐに肛門科のある病院に診てもらいました。

 

その時は仕事が忙しかったこともあり、手術ではなく薬での治療を選択しましたが、完全に良くなった訳ではありません。

 

一時期良くなったものの、それからも事あるごとに顔を出してくる「いぼ痔」君。

 

特に冬場になると、慢性的な便秘持ちでもある僕は痔に悩まされることになりました。

 

便秘で便が固くなると、排便時にイキむために脱肛や切れ痔になることもあり、それが為にまた便秘になる、という悪循環。

 

痔が悪化するたびに病院で薬をもらっていたのですが、苦節13年、ついに岡山は倉敷市にある『チクバ外科』という、ある友人によれば「岡山で一番良い病院」で手術することになりました。

 

事の成り行きはまず、岡山県真庭市の「高田医院」という僕の暮らしているギークハウス真庭からほど近い病院に診察に行ったことから始まりました。

 

診察室に入ってすぐ脇にあるストレッチャーに横になり、診察を受けた訳ですが、触診をするなりすぐに「手術」という話になりました。

高田医院の先生の決断は早かったと思います。

先生がいうには、「あなたの痔の程度の場合、大きな病院で手術した方が良い」とのことでした。

 

この場合の手術は後になって分かりましたが、『痔核根治術』と呼ばれるものでした。

 

傷病名は『第2度痔核』

 

後日、倉敷のチクバ外科で診察を受けました。

 

f:id:akkie255:20180329220837j:plain

チクバ外科は、とても外観が新しく先進的なシステムを導入している病院です。

まず受付で診察券を渡されるのですが、そこにナンバーが刻印されており、そのナンバーが壁に掛けられているディスプレイに表示されると、診察の順番が来たという知らせになります。

 

f:id:akkie255:20180329221446j:plain

ここで診察を受け、やはり手術ということだったので手術前の検査も受けることになりました。

 

検尿と血液検査でした。検査管に3本ほど血液を抜かれてげっそりしたのを覚えています。少し大げさですが、けっこうな量でした。

 

診察を受けたのが2月16日。手術日は2月21日という急なことでした。

 

というのも排便時の痛みがかなりあったので、なるべく早めに手術を受けた方が良いと思ったからでした。

 

手術の様子は次の記事に書きたいと思います。