たかの日記

徒然なるままに日暮らす、たかの日記。現在、岡山県真庭市に住んでシェアハウス生活を実践中。ギークハウス真庭最高!!

人生で2度目の手術は痔の手術だった。PART3 入院編

こんにちは、タカです。今回は前回の記事の続きを書きたいと思います。

 

前回の記事:人生で2度目の手術は痔の手術だった。PART2 手術編 - たかの日記

前々回の記事:人生で2度目の手術は痔の手術だった。 - たかの日記

 

こちらのチクバ外科の痔核根治手術の場合、最短で4泊5日。痔の手術の場合、一般的に一週間程度の入院が多いですから早い方だと思います。

 

しかも、チクバ外科は食事が美味しく設備も整っているので出来ることならずっと宿泊していたい、と思えるほどでした。

 

初日は手術を終え、19時くらいに夕ご飯を食べました。まだ麻酔が残っていたので足元が少しふらつきましたが食欲はありました。

この日は簡単な食事を済ませ、ベッドに横になります。

 

まだ歩き回ることは出来ないのでとにかく寝る他ありません。

 

しかし、麻酔が覚めてくるに従い、脚の感覚は戻ってくるものの、お尻の方に痛みが生じてきます。

 

午後11時を回った頃だったでしょうか。痛みがあまりに酷いためにナースコールをしました。(痛み止めの飲み薬はもらいましたが、痛みはそれ以上でした。)

痛みが酷くて眠れないことを告げると、座薬の痛み止めを入れてくれました。

 

座薬を入れるときにまた激痛が走るものの、座薬が効きだすと痛みが和らぎ始め、

この日は眠りに付くことが出来ました。

f:id:akkie255:20180402185300j:plain

午前5時くらいに目が覚めて、ようやく足元のふらつきが収まっていたため、病室のあたりをうろちょろしてみました。

この階(3階でした)には共用のトイレの他にナースセンターとその奥に談話室がありました。

f:id:akkie255:20180402185643j:plain

f:id:akkie255:20180402185705j:plain

給湯器や電子レンジもあり、お茶や水を淹れて飲むことができます。

自動販売機もあったのでジュースやコーヒー、お菓子といったものを購入することも出来ます。

 

午後3時になると、4階にあるシャワー室でシャワーを浴びることが出来ます。

 

一斉にみんなが使うと混雑するからでしょう。各患者にシャワー時間が割り当てられているようでした。

 

 

f:id:akkie255:20180402190117j:plain

f:id:akkie255:20180402190906j:plain

4階にも自動販売機があり、こちらはパックのジュースとプリンが充実していました。

 

シャワーを浴びてさっぱりしたのでもう少し病院内を探検してみました。

 

f:id:akkie255:20180402191109j:plain

一階に降りると売店がありました。カフェが併設されてあるお洒落な売店です。

 

ここで入院生活に必要な消毒綿と綿ガーゼを買いました。

 

消毒綿は排便後などお尻が汚れたときに使用します。

綿ガーゼは術後しばらくの間、分泌液が手術した箇所から漏れるのでパンツの間に挟みこみます。術後すぐはかなりの量の分泌液があり匂います。

シャワー後と起床時の2回は取り替えたいところです。

 

さて、入院生活で唯一の楽しみ、食事の方ですが、チクバ外科は朝食8時、昼食12時、夕食18時の3回あります。

 

f:id:akkie255:20180402192332j:plain

まるで定食屋さんのお膳のような見た目も良く美味しい料理たち。

 

昔は病院食というとマズイものだという先入観があったのですが、変わってきているのでしょうか?(もしくはこの病院が特別美味しいだけなのか。)

 

入院期間の4泊5日はあっという間に過ぎました。

病院の本棚にあった本や持参した本などを読み有意義に過ごせました。

 

次回は退院後の痔の様子や、手術&入院費の支払い、保険のことなどを書きたいと思います。