たかの日記

倉敷在住のたかの日記 大阪生まれの大分育ち 水島の三菱で働いてます /たか 三菱自動車期間工@ライフハッカーズ 【Twitter:】https://twitter.com/TakashiAkinari

統合失調症だと思ったら、実は解離性障害だった。

 

【目次】

 

 

f:id:akkie255:20190622205127j:plain

チームラボ borderless

統合失調症だと思ったら、実は解離性障害だった。

 

以前に統合失調症について書いたけど、実は統合失調症ではなく解離性障害かもしれない。

 

幻聴であったり、統合失調症によく似た症状があったので混同してしまったのだけど、初診の医者がヤブすぎた為に間違えて診断されてしまった。

 

心療内科や精神科に掛かるならば、病院選び、精神科医選びというのは重要で、ヘタをすると一生を左右されかねない。

 

医者によっては患者がカネにしか見えないという輩がいるということは留意したい。

医者だってカネからは自由にはなれないだろうから、カネが欲しいのは分かる。

 

だが、カネにしか見えないってのは了見が狭すぎるし、どうかしている。

患者との距離感や医者としてのプライドを持って接して欲しいものだ。

 

今の主治医は倉敷のクリニックソフィアの権(ごん)院長。信頼できる腕利きの精神科医だ。倉敷の駅近くのビルにクリニックを構えているヤリ手のビジネスマンでもある。

「できる」医者なのかは一発で見分けることが出来る。

 

  • 診療室がセンスが良くて、専門分野に長けている。
  • 物腰が柔らかで患者とのコミュニケーションがうまい。
  • ビジネスと医療との線引きがしっかりされている。
  • 不要な薬を出さない。

 

クリニックソフィアは土日診療があるというのも大きい。日曜日に院長自らが診療に当たってるというのは信用できる。

 

あまり書くともしかしたら、混雑したら悪いのでこれ以上書かないが、ビジネスとして成功しているクリニックはやはり違うと思う。

 

解離性障害について

解離性障害とは、WIKIによると『自分が自分であるという感覚が失われている状態が主となる個々の精神障害のためのカテゴリ(分類)である。

 

解離性健忘では、ストレスに満ちた出来事の記憶が欠落しており、離人症性障害(離人感・現実感消失障害)では自分を外から見ているような感覚であり、解離性同一性障害では人格が複数となる。

 

ぼくの場合、解離性健忘だが、離人症的な症状が中学生の頃からあった。

今は落ち着いているが、離人症は治そうとしなければ治るらしいのであまり意識しない方が良いみたい。

 

幻聴は今飲んでいるプロナンセリン(ロナセン)でほとんど治った。

 

後は健忘だが、ほとんど不自由しないくらいには治っている。

 

解離性健忘について

 

元々、高校生くらいまでは記憶力は悪くなかったし、他で補うことは出来た。

 

今は単純記憶は普通の人には劣るかもしれないけど、関連した情報を紐付けて覚えると容易には忘れない。

 

興味を持った物事についての記憶は定着しやすいけど、一般的に覚えやすいものが覚えにくいというのは困ったものだ。

 

記憶力が弱い=頭が弱い、みたいな図式で理解されると非常に困るんだけど、一般的な頭の良さとは別に、理解力や思考能力といった分野を見てもらいたい。

 

これからAIが発達していく時代だから、記憶力は端末で補完するとして、思考を深めるということが今からもの凄く重要な時代になってきている。

 

チームラボ猪子敏之みたいな人が時代を動かして行くのだと思う。

 

チームラボについて

 

今はネットで二次情報は十分集まる時代だから、逆にいうと一次情報が非常に大事になっていくと思うけど、チームラボは4次元を表現しているから凄い。

あの凄さは日本じゃまだ理解しきれてないが、海外の人はその新しさに目を向けている。

 

https://www.team-lab.com/

 

 3次元を軽く超えたあたりに新しさがあると思うのだけど、どうだろう?

単純に美しいというのもある。

 

デジタルがアナログを凌駕することはまだ当分ないだろうけど、もの凄く近くなってきているのは疑いようがない。

 

チームラボXyoutube